楽しい教育論

楽しい教育論 · 1月 19日, 2023年
よく長所を伸ばせ!と言いますが、じゃあ長所って具体的にどう伸ばしたらいいの? 長所の伸ばし方はそりゃ色々あるでしょう。 しかし、なのです。「長所を伸ばすには、短所を鍛えろ」。 実はこれは、かの故野村克也監督のお言葉なのです。...

楽しい教育論 · 1月 12日, 2023年
ボブディランのレコードジャケット。懐かしいですね。 多様性という言葉が聞かれて久しいですが、もう多様性なんて、朝起きたら顔を洗うくらい当然なことで、 以前にも書いた通り、もう多様性を議論する時代は終わりました。 これからは『確実なる探求』の時代なのであります。 その多様化した其々を深く掘り下げる、そういう時代なんですと。...

楽しい教育論 · 12月 12日, 2022年
先日、さる高名な塾長先生より、へぇ~なるほどねぇ…という話を拝聴しました。 「やったらアカン勉強法ベスト3」しかし、そのどれもやってるぢゃない、というもの。よくよく考えると、そらアカンわなぁというものばかりでした。 せっかくなので、皆さんにご披露しましょう。 *やったらアカン勉強法やけど、やってしまってる3位「友達と問題の出し合い」...

楽しい教育論 · 12月 05日, 2022年
塾をやる前、私は商社に勤めていて、営業から法務審査からカネの回収から労務から採用から、資金繰り以外のほぼビジネスの一通りを経験させて頂いておりました。 それは今、独立して事業をやる際に大変に役立っています。 なにより、ビジネスに契約書は付き物で、様々な契約文書を読んでは判断し、稟議を書くんですね。...

楽しい教育論 · 11月 22日, 2022年
ひとことで指導者と言いますが、色々な人が居ます。 その中で、「いい指導者」っていったい何なのでしょう?悪い指導者もいるのでしょうか? 野球チームでも学習塾でも、いや学校だってそうですが、「教えて貰う立場」と「教える立場」って絶対存在しますよね。その教える立場は指導者ですが、では悪い指導者って何なのでしょう?...

楽しい教育論 · 11月 21日, 2022年
英語の話が続きます。 実は昨日、塾内で模擬試験をやっていました。大阪府での順位などが出るものである。 英語の試験は、小学校5・6年生からあります。 自慢じゃないけど、当塾生には小学生でも速読聴英語をバリバリにやらせてるので、こんな試験はお茶の子さいさいなのであります…、と信じたい(笑)。 閑話休題。 皆さんご存知でしょうか。...

楽しい教育論 · 11月 14日, 2022年
高校の頃、バッテリーサインに乱数表を使ってたことがありました。...

楽しい教育論 · 11月 07日, 2022年
文部科学省が英語教育にかなり躍起になっていますね。 大学入試改革での外部英語試験導入の話は色々ケチがついたようですが、小中学校の英語改革はもうスタートしてしまいました。覚える単語数だけでも、中学で1800から2600に激増。  そりゃそうです。お隣韓国は英語を操れる人は9割にのぼるそうであります。かたや日本国は…かなしいこと。...

楽しい教育論 · 10月 24日, 2022年
定期テストの結果が返ってくると、個々にテストの反省をして、次のテストへつなげていくための準備を始めていきますね。 毎回ですが、必ずいるのです。 「わかってたんだけど、ちょっとしたケアレスミスで…」「ちょっとピリオドを忘れて…」 「ちょっとした計算間違いで…」「ちょっと違う漢字を使って…」...

楽しい教育論 · 10月 12日, 2022年
NHKの今回の朝ドラ「舞い上がれ!」 なかなか面白そうですね。 先日の放送見ていて、「ああ、これが過保護というもんやねんな」という、過保護の正体とその影響的なものが少し、いや、かなり見えたような気がしました。 主人公の女の子が、少し無理をしたらすぐ熱を出すんですね。そしてその原因がお医者さんにもわからないという。...

さらに表示する