· 

「学業」は人生の色々な場面に応用せよ

野球塾RISEさんの塾長とは、ちょっとした縁があります。

 

彼は、勉強も野球に活かすことができるとおっしゃってます。
野球は、如何に速いボールを投げるか、如何に遠くへ飛ばすか等々、要は運動ですから、物理学がそこに活かされて当然。

 

先日私が、「バッティングで慣性モーメントを考えるか?指導する時にそういう概念も言う事があるのか?」という質問をすると、「使う事はあるし、間違わぬよう自分で勉強し直している」という回答を頂きました。さすがです。

慣性モーメントだけでなく、てこの原理の応用やなにや。技術的な事だけでもまず物理学、食の事とか体調とか、これらは理科。

そして野球はアメリカで生まれたものゆえ、指導書やルールブックでは英語の文献を読まねばならぬ事があります。当然それらを伝えるとか文章を書くのに国語がいるし、人がやる事ですから社会のルールや歴史も学ぶ必要がある。
そして打率や防御率、勝率の計算もそうですが、なにより論理的思考、発想の大切さはこれ数学。

ちょっと考えただけでも、ドドーッと学業が絡んできますねぇ。

 

野球も人のやる事。学業をそこに応用するなんて当り前の話ですよね。
ほぼ誰にでも当てはまるのを「基本」と言いますが、まさしく「生きていく基本」を義務教育でやってるんですよね。

勉強しないで、アホで野球ができるか?ムリに決まってます。

すらら お勉強入口

一徳塾

〒581-0017 八尾市高美町6-2-10 

072-975-6906 

email: 1109-juk@bunbu-ittoku.com