· 

鬼に金棒

「鬼に金棒」

ただでさえ強いものに、一層の強さが加わること。

 

これ、裏を返せば実に奥深いことわざなのです。

どれだけその個人がパワーと技術を持っていても、その個人の意志が弱ければその実力はないのと一緒。

そしてどれだけいい武器を持っていても、使う者の意志が薄弱であればその武器の意味がなくなる、という解釈はできないでしょうか。

 

当たれば必ずヒットになるというバットを持ってたとしましょう。

こんなバットを持っていても、振らなければ当たらない。つまりそのバットの意味はありません。

「振ってやろう」という「意志」ですね。

 

現役時代、試合でキャッチャーをやってた時に一番いやな打者は、走者が溜ってる時にクソボールでも高目はとにかく振ってくるバッターでした。

「あんなクソボールを振るヤツって大したことないやろ?」

いえいえとんでもない。まかり間違って当たった際、どこまでボールが飛んでいくか…。

それがピンチの時ならたまったものではありません。

 

逆に、振って来ない打者って全く怖くないです。

仮に色々考えて振らないなら、その考えを読んで逆をいけばいいし、大概は気が引けてる場合が多いです。

どんないい教材があっても、やってやろうという想いがなくてはどうしようもない、という事ですね。

 

逆に言えばやってやろうという想いさえあれば、どうにでもなる、という事です。

その想いをまず植え付け、そして最強の教材でバックアップ。まさに「鬼に金棒」ですね。

 

すらら お勉強入口

一徳塾

〒581-0017 八尾市高美町6-2-10 

072-975-6906 

email: 1109-juk@bunbu-ittoku.com