· 

大変やで、小学校英語‼

すでに皆様ご存知でしょうが、文部科学省の新指導要領によると2020年より小5から英語が正式科目としてスタートします。

 

今まで中学生でスタートしていた英語が小5になるのです。

2020年からですから、現在小3の子が小5になる時にスタートです。

(外国語活動自体は小3からになります)

 

あら?だったら現在小4の子は、いきなり小6の英語をやる事になるの?

そういう事ですよね。ただ、2019年は移行期間と呼ばれる猶予期間になりますので、各学校で小5の段階で準備はすることになるでしょう。

ゆえに、2019年から英語が前倒しで始まる事になります。そうでないと大変なんですよ。

 

それは、中学校の指導要領も変わるという事。2021年からです。

英語だけの話をすると、もう小学校で過去形(現在の中2の内容)まで終わってきたでしょ?だったら中学校英語も1学年から2学年分進んだ内容でスタートしましょう、と。

 

現在の小5の生徒。

小学校は今まで通りのカリキュラムで卒業します。しかし、中2からいきなり新指導要領(上記の難しい英語)になります。すなわち、中1の移行期間の間に新しい小5・小6・中1の分の英語をやってしまわねばなりません。

えらい事ですよ。

 

現在、小6の生徒。

中2までは現在のカリキュラムで、中3だけ新指導要領!

ということは、中2の移行期間で、一気に新しい中3にまで追いつかないといけないことになります。

そしてすぐ高校受験!

そんなもん、ホンマにできるんかいな???でも決まってしまった事ですね。

 

学習指導要領の改定で特に英語がおそろしく難しくなります。

小4、小5、小6のお子さん、いち早く英語の学習に着手した方が良いのは間違いありません。

大学入試の英語も4技能(読む・聞く・書く・話す)重視型になり、もうこれは明治維新なみの「大改革」ですね。

 

小学生の英語の学習について、まずはご相談下さい。備えあれば患いなし。

すららと速読英語で、小学生でも現在の中学生の英語の学習が進められます。

 

とにかく英語の学習が負担も大きく、重要になります。

本当にうかうかしてると、大変な事になりますよ。

すらら お勉強入口

一徳塾

〒581-0017 八尾市高美町6-2-10 

072-975-6906 

email: 1109-juk@bunbu-ittoku.com