スポーツビジョン速読


「速読=本を速く読めるようになること」

実は速読の効果はそれだけではありません。目から多くの情報を取り入れ、素早く大量の情報を処理しようとすることで脳の活性化を促す速読の効果をスポーツの上達にも活かそうと、プロのアスリートを始め多くの選手や学校、スポーツチームの関心が高まっています。

 

高速で流れる文章を目で追っていく速読トレーニング。

これによって目を支えている筋肉(眼筋)が鍛えられ、

スポーツの能力を高める効果をもたらします。

強豪として知られる全国の有名高校の硬式野球部・サッカー部・テニス部などでも導入されています。

 

 

●動体視力アップ

 眼筋の鍛錬によってより速い動きに対応できる動体視力が強化されます。

 

●瞬間認識力の向上

 視野角が広がり、瞬時の正確なパス出しなどスポーツビジョンが向上します。

 

●競技能力に即効

 練習や試合への集中力が高まり、特に球技系への実績アップが期待できます。

速読を取り入れてる、国立大・和歌山大野球部


国立大の星! リーグ初優勝の和歌山大学野球部

目と脳を鍛える「速読“ビジョン”トレーニング」を実施

 

 今季の近畿学生野球連盟1部リーグで悲願の初優勝を収めた和歌山大学硬式野球部では、スポーツで重要な「目(見るチカラ)」を鍛えるため、3年前からビジョントレーニングの一環として速読トレーニングを練習メニューに取り入れています。

 

 どんなスポーツでも「目(見るチカラ)」は非常に重要です。動体視力、瞬間視、周辺視野など、スポーツに必要な視機能を総称して「スポーツビジョン」と言います。

スポーツビジョン研究の第一人者で、「見る力を実践で鍛える DS眼力トレーニング」の監修も手がけた愛知工業大学・石垣尚男教授は、「スポーツビジョンがアップするとスポーツもうまくなります。例えば野球ならボールや選手の動きがはっきり見えるようになるなど、速読トレーニングを続けることで効率的に『見るチカラ』をアップさせることにつながります」とその効果を推奨しています。

 

 「目から情報を入れて、それを脳に伝達し、運動神経に発信され、体が動いていくというメカニズムは、どのスポーツにおいても違いはありません。以前からスポーツにおける目と脳の関係に関心がありましたが、知れば知るほど速読トレーニングへと結びついていきました」と導入の経緯を語る大原弘監督にビジョントレーニングについてうかがいました。

 

● 大原 弘監督からのメッセージ

 「監督の目から見てチームに最も変化が表れているのは「眼を意識する」ということです。試合前のダッグアウトでも多くの選手が指を立てて眼筋トレーニングをしています。普段から「眼」や「脳」の働きを理論的に伝えていますので、ピジョントレーニングを軽視せず、科学的に裏づけされたものとして理解し、取り組んでくれているのが大きいですね。優勝決定から日が経つにつれ、感謝とともに感激が大きくなってきています。様々な場面で勝者にしか見えない景色を感じています!」

来月の全日本大学野球選手権大会に向けて、和歌山大学の挑戦はまだまだ続きます。

 

【大原弘氏】

和歌山大学硬式野球部監督。2008年2月に監督に就任。就任5年目の2012年、近畿学生野球連盟春季2部リーグで優勝、入替戦に勝利して6年ぶりの1部復帰を果たす。以来5年10季にわたり同リーグ1部に在籍し、今季チームを1950年の連盟加盟以来の悲願の初優勝へと導いた。

 

料金は、こちら

すらら お勉強入口

一徳塾

〒581-0017 八尾市高美町6-2-10 

072-975-6906 

email: 1109-juk@bunbu-ittoku.com